接遇研修を行いました

2015.05.25

 平成27年5月25日に1年生を対象に接遇研修を開催致しました。講師は杉原紗知子先生です。

 講義や演習の内容は「おしゃれと身だしなみの違い」や「言葉遣い」、「相手に対してどのように接するのか」などでした。

 講義では、患者さんに対して話を聞く姿勢とは何か、話を聞くときの態度とは何かなどの説明を受けて学生は頷きながら講師の話を聞いていました。

 演習では、身だしなみチェックシートを用いて互いの服装や髪型などをチェックしたり、相手に伝わる挨拶やお辞儀を行いました。最初に行ったお辞儀や挨拶よりも講師からの説明を受けて注意点の指導を受けた後に行ったお辞儀・挨拶は相手に好印象を与えるものでした。

 また、実習指導者の看護師は患者のことを常に考えて仕事をしているために忙しいこと、そのような背景があるので忙しそうで学生の皆さんは声がかけにくいと感じるかもしれないが患者に行った観察やコミュニケーションから得た情報の報告をしなくてはならない。そのために指導者にどのように報告するのか結論から言うことや一言声をかけることなどの指導を受けました。

 今回の接遇研修が学生にとって実習や就職してからも役立つものだと実感しました。

 

・お互いの身だしなみをチェックする

DSC00764

 

・挨拶の演習風景

DSC00774

DSC00776

DSC00777

▲Page Top