基礎看護学実習Ⅰ(その1)まとめの会を開催しました

2015.06.27

 6月24日、1年生の基礎看護学実習Ⅰ(その1)まとめの会を開催しました。

  1年生は5月28日と29日に、浜田医療センターに初めての実習に行きました。そこでは、病院の環境を調べたり、入院されている患者さんとコミュニケーションを図ることができました。その実習で一人一人が学んだことを今回のまとめの会で、クラス全員で共有していきました。

 今回のまとめの会の目的は「患者を取り巻く療養環境と療養中の患者とのかかわりとその学びの意味を明らかにし、今後の学習に活用する」というものでした。

 参加者は、1年生39名、病棟指導者13名、教員9名で、病棟から多数の指導者の方に参加していただきました。 実習に行った6グループがそれぞれに学んだことを発表し、その後全体で意見交換を行いました。

  学びでは患者の環境を客観的データと照らし合わせて意味づけしていました。病棟で入院生活を少しでもよりよく過ごしてもらうために、環境にどんな工夫がされているのか、生命を守るためにどんな環境の工夫がされているのか、人的環境になりえる看護師はどのように関わる必要があるのかなど環境を考えた内容をまとめて発表していました。また、コミュニケーションでは困った場面を実際に演じて、その内容に対してどのように解決したのか、患者とのコミュニケーションを通して何が得られ患者のためになるのかなどを発表しました。

  初めてのまとめの会でしたが、活発な意見交換ができ、クラス全体で共有することで自分の実習グループだけでは学べなかったことを理解することができました。 入学して約3ヶ月たち1年生の成長が実感できた会でした!

 受け持たせていただいた患者そして家族の方々、指導したり発表会に参加してくださった看護師の方々、本当にありがとうございました。

 

DSC01380

DSC01382

DSC01390

▲Page Top