看護の統合と実践実習Ⅱまとめの会を実施しました

2015.12.16

 平成27年12月16日に「看護の統合と実践実習Ⅱ まとめの会」を実施しました。

 3年生は11月に看護の統合と実践実習において、管理実習、リーダー実習、複数受け持ち患者実習、夜間実習を行いました。

 今回のまとめの会の目的は「看護の統合と実践実習Ⅱを振り返り、チーム医療における看護師の役割およびその責務について学びを深め、自己の課題を明確化する」です。

 全部で7グループが発表しました。内容は複数受け持ちの具体的な関わり方を示しながら、管理で学んだことやリーダー研修で学んだ「報告・連絡・相談」を組み合わせて、どのように看護師になった時に患者の看護を行うのかをまとめたものや看護師の責務を中心にまとめたものなど工夫を凝らして自分たちの学びを明文化していました。

 教育主事からは、報告・連絡・相談の言えない自分の原因を考えるには自分中心の考えではなく、患者中心の考えになると違ってくるなど総評しました。

 学校職員や病院職員の方々は、これからも当校で育った看護学生が臨床においてリアリティショックを受けないように実践を意識できる実習構成やまとめの会での共有を行っていきたいと考えています。

 

昨年の様子はこちら

 

DSC03692

DSC03711

▲Page Top