入学式を挙行しました。

2016.04.07

平成28年4月6日

 第64期生の入学式を挙行いたしました。

 島根県内外から37名の新入生(男性 6名、女性 31名)が集まり、看護を学び、看護師を目指します。

 入学式には、来賓、病院職員、学校職員、在校生とともに、新入生の保護者の方々、総勢170名が参列しました。

 さらに、多数の祝辞・祝詞をいただきました。

 石黒眞吾学校長からの式辞では、当校で3年間を過ごすうえでの心構えについて、ナイチンゲールの教えを紹介しながらの激励がありました。

 来賓からの祝辞では、現在の医療状況を踏まえて仲間づくりを行い協力・連携ができる関係性を築いてほしい、常に感謝の心を忘れず、これからの財産にできるように励んでほしいと話されました。

 新入生代表の佐々木駿が「患者様だけでなく、周りの家族の心にも寄り添う看護師になりたい。そのために、仲間との出会いを大切にしてお互いを高めあえる関係を築き、自分の人間性を高めていきたい。」と誓いの言葉を述べました。

 これから3年間、看護について専門的な学習をしていきます。学校生活の中で、仲間づくりやたくさんの体験をしていき、看護師としての知識・技術だけでなく、相手を思いやる心も育てられるように、教職員一同サポートしていきたいと思います。

 

H28.4.6-6

学校長式辞

H28.4.6-2

在校生代表 歓迎の詞

H28.4.6-1

新入生代表 誓いの言葉

H28.4.6-5

▲Page Top