ナイチンゲール生誕祭を行いました

2016.05.11

平成28年5月6日

 ナイチンゲールの生誕(看護の日)に合わせて、ナイチンゲール生誕祭を行いました。

 ナイチンゲールの精神を私達が受け継ぎ、看護を志す者としての意識を高めることを目的として、午前は特別講演、午後は清掃活動を行いました。

 

 午前の特別講演では、当校の講師でもある三浦麗子先生より、「看護を学ぼう!―今、再びナイチンゲール―」というテーマでご講演いただきました。

 ナイチンゲールは環境を整えることで、患者の生きる力を支えて、引き出す看護を行うことを述べています。三浦先生は講演の中で実際の看護師の体験談を踏まえて、私たちがイメージしやすいように具体的に説明して下さいました。

 講演の中で、患者の言動の背後を考えた関わりを持つことが重要であると話されました。また、看護師と患者のやり取りの中で、お互いに成長しあうことができると話され、『看護とはとても奥深く、看護師はとても素晴らしい仕事である』ことを伝えられました。

 講演を聞いた学生たちは、各学年それぞれ、看護について考える機会となり、さらに看護師が環境を整えることの意味について深く考えられるような講演でした。

 

 午後は浜田医療センター、偕生園、看護学校で清掃活動を行いました。偕生園では、清掃後に手話の披露を行いました。

 学生は患者様の使用される車椅子やストレッチャー、点滴台等の汚れをふき取り、小さな汚れも見落とさないように真剣に清掃を行っていました。

 このような学生の真剣なまなざしを見て、とても頼もしく感じました。今回の講演と清掃活動を通して学んだことが今後の学習や看護につながることを願っています。

H28.5.6-1

H28.5.6-2

H28.5.6-3

H28.5.6-4

午前:特別講演

H28.5.6-5

H28.5.6-6

午後:清掃活動

H28.5.6-7

手話の発表会(偕生園)

▲Page Top