夏のオープンスクールを開催いたしました。

2016.08.29

 平成28年7月30日(土)に夏のオープンスクールを行いました。

 午前中は小学5・6年生と中学生、午後は高校生を対象に行い、合計59名の参加がありました。

 参加者は学生の計画した体験ブースでいろいろな体験をしていく中で、在校生の様子を間近で見て、学校の雰囲気を感じることができていました。

 学生たちも、実際に学校の特徴や技術について説明したり演示することにより、技術を身に付け実践することの大切さと難しさを感じているようでした。

 今年度は保護者の参加も多く、一緒に体験されたり学生の様子や学校の雰囲気を感じ取っていただけました。

 参加者からのご意見として、『たくさんの先輩たちと話ができて、聞きたいことが聞けてよかった』や『実際の学習内容を知りたい』などの感想や要望もいただきました。

 また来年度に向けて学生とともに、看護や当校に興味を持ってもらえるオープンスクールを目指していきます。

 今年度のオープンスクールは終了となりますが、学校祭や来年度のオープンスクールへのご参加よろしくお願いいたします。

 

各ブースのご紹介

H28.7.30-5

『知ろう、自分の体!』

 3つのグループに分かれ、血圧測定の体験、学校で実際に使用するテキストやDVD教材を使って学校の講義について説明しました。一番奥では、フィジコというシミュレーターを用いて呼吸音や心音の聴診体験をしました。

 

H28.7.30-1

『日常で活用できる創傷処置』

 日ごろの生活にも役に立つ、「包帯」「三角巾」を使った傷口の保護や脱臼した時の上肢の固定方法を順を追って説明され、実際に行っていました。また、「滅菌操作」として、鑷子(せっし)の取り扱い方や消毒液のついた綿球を医師へ渡す方法などを体験しました。

 

H28.7.30-2

『赤ちゃん人形で沐浴体験してみようっ♪』

 赤ちゃん人形で沐浴(もくよく:赤ちゃんをお風呂に入れること)を体験しました。衣服を脱がせること・着せること・浴槽で身体を洗う方法を体験しました。赤ちゃん人形は3000gと実際の赤ちゃんと同じ体重であることからも、終了後は「重かった。本当の赤ちゃんは動くのでもっと難しそう」など感想がありました。

 このブースでは、妊婦体験もあり、赤ちゃんがお腹の中にいる状況でベッドの起き上がりを体験して、妊婦さんの大変さを感じていました。

 

H38.7.30-9

『知ろう、みんなの浜看』

 学生から学校の紹介をさせてもらいました。そのあと、学校生活や普段の生活、学習(講義・実習)のことなど、参加者の質問に答えていくブースです。学校生活や浜田での生活についてたくさん話をしていました。

 

H28.7.30-7

『ハンドマッサージを体験してみよう!』

 自分の気持ちをコントロールすることや、患者さんにリラックスしていただけるように学生たちはハンドマッサージを1年次に体験していきます。それを参加者へおすそ分け。自宅でも手軽に実施できるため、「家族にしてあげたい」という多くの感想をいただきました。

 

H38.7.30-8

『看護についてきいてみよう(看護学生との交流会)』

 すべてのブースを回った後、グループごとに集まって学生と座談会を行いました。各ブースで聞けなかったことを軽食を食べながら看護学生に直接話を聞くことができました。

▲Page Top