オープンスクール開催しました

2014.04.03

平成26年4月2日にオープンスクールを開催しました。

午前中だけの開催でしたが、41名の高校生の方に参加して頂きました。浜田市近辺から島根県内、広島からの参加もありました。

予定通り、以下の内容で行われました。

・浜看実話(学校紹介・SSTM)

 当校の特徴(附属看護学校なので病院と連携して教育力が高いこと、臨床と対話が常に行われており、病院職員もみなさんを育てる姿勢が高いことなど)のプレゼンテーションやe-LearningであるSSTMを用いたミニレクチャーを実施。参加した学生の方々は「学校の様子がわかりました」やSSTMでは実際の造影映像などや体の見方を映像を通して「わかりやすい」「おー」という声が聞かれていました。

SSTM

・赤ちゃんに喜んでもらう お・風・呂

 ベビー人形を沐浴槽に入れる体験をしました。「かわいい」などの声が聞かれる一方で「お風呂に入れるのは怖い」などの

声も聞かれました。沐浴実施中の学生の表情は真剣そのもので、入れ終えた後は”うまく入れることができてよかった”という表情に変わりました。

・手洗い・うがい・歯磨き なぜ大事?

 「手洗いは大事と知っているけど、うまく手洗いができているのかなんて考えたことがない」という学生も多かったと思います。手洗いのコーナーでは特殊な液体を手に擦り込み、ブラックライトに手をかざすとその液体が明るく光るという教材を使用して、液体を擦り込んだ後に手洗いを実施しました。

 普段行っている手洗いでは「爪の方にたくさん残っている」「指の間も」などの声が聞かれましたが、衛生的手洗いを当校の学生から学んだ後に手洗いをすると「綺麗にできた」と感動したようでした。

手洗い

・ハンドマッサージでうっとり気分

  いつも大好評の「ハンドマッサージ」。実際にやられると本当に気持ち良いことを実感するようで、「これ凄い」「気持ちいい」「もっとやってみたい」などの声が聞かれました。このコーナーではアロマテラピーも合わせて癒しの空間を作り上げ、参加者は心地よい時間を過ごされたようでした。気持ちいい時間は笑顔も絶えず、自分が癒されるという体験と相手を癒すことの素晴らしさも実感されたようでした。

・「性」について真面目に考えてみよう

 このコーナーは今年度新たに加わった内容で、中絶が多いことや子宮頸がんなどがふえたことなど、高校生にだから性について考えてほしいと思い、追加されました。

参加者は学生のプレゼンテーションを真剣な表情で聞いていました。プレゼンテーションの内容には「親に感謝をしよう」というメッセージも含めており、参加者は自分がここに存在していることの素晴らしさと親への感謝を言葉にしていました。

 

参加して頂いた高校生、保護者の皆様 ありがとうございました。

▲Page Top