4月4日 入学式挙行

2014.04.04

平成26年4月4日に入学式が挙行されました。 入学式には入学生、来賓の方々、学校職員、病院職員、在校生が参列しました。

学校長式辞では、医療職を目指す新入生への期待、当校の教育内容や医療センターのバックアップ体制について、言葉を贈りました。 そして以下のナイチンゲールの言葉を贈られました。

一、信頼に足ること

一、時間を厳守すること

一、静かに、そして秩序を守ること

一、清潔に、そして清楚に

一、忍耐強く、郎らかに、そして親切に

 

「歓迎の言葉」では上級生が新入生に学校の行事や学習についてどんなことがあって自分の成長につながるのか、臨地実習で感じ学んだ”人に関わる職業の素晴らしさ”を伝えました。 そして、共に成長していきたいと贈りました。

 

「誓いの言葉」では新入生代表が、自分が入院した時に看護師が心遣いを持ち小さなことまで気づき対応し、支えになったことで乗り切れたことを取り上げ、その時に受けた心遣いができる存在になれるように三年間過ごす人たちとの出会いを大切にし、成長への種を見つけていきたいと述べました。

これから入学してきた37名の学生が成長していけるように学校職員一同尽くしていきたいと思います。

▲Page Top