日本看護科学学会に参加してきました(11月29日、30日)

2014.12.01

 平成26年11月29日から30日にかけて中田教育主事、花子実習調整主任、藤井教員が名古屋国際会議場で行われた「第34回 日本看護科学学会」に参加してきました。  

 この学会は臨床の看護ケアを研究的視点から確立していく発表内容が多く、講演やシンポジウム、口演・示説など多数の発表が行われました。

 それぞれの教員が自分の領域や実習指導で関わる領域、学校教育に活かせる内容の学びを深める2日間でした。

 学会に参加する中で、私たち教員は学生の学びを保証するために、その場その場の対応だけではなく、きちんと理論や計画を活用し、評価をして、次年度に活かし、より質の高い教育をしていく必要性を再確認致しました。そして、社会に貢献できる看護師育成をしていくために基礎教育を充実させていく必要性も再認識しました。今まで同様に気を引き締めて責任を持って学生を育てていきたいと思います。

 また、当校は附属看護学校だからこそ、隣接している臨床と協力を密にしながら入院された方に今回の研究的な視点を活かし、患者の苦痛や生活を支えていけるように努力してきたいと思います。

 〇当校教員3名と看護部長

科学学会 

▲Page Top