特別講演(田島桂子先生)

2015.02.27

 平成27年2月27日に、テーマ「21世紀の看護を支える看護職者になるには-看護は学び続けることによって成り立つもの」で田島桂子先生の特別講演がありました。

 講演の中では「21世紀中に皆さんが活躍する期間はどれ位か」、「自分たちが看護師として活躍しているときにどんなことが起こると思うか」、「今看護職に求められるものは何か」と学生に問いかけながら話をすすめられました。

 そして、具体的に看護師の行う看護技術と看護行為を話され、看護とは何かという着地点に私たちを導いてくれました。

 また、昨日行われた1年生の実習のまとめの資料から「足浴」「手浴」の行為を取り上げ学生が基本動作を身に着けて、臨床で患者の条件に合わせて応用したり調べたりしているその姿勢が1年次から身についていることが素晴らしい、これからも学習を主体的にしてほしいと述べられ、今回のテーマに関連付けながら話をしてくださいました。

 講演の後半には、看護師の行う看護である看護技術がどのように構成されているのか、基本的な考え方を講演において学び、今後は看護技術を身に着けていくために主体的に学習する姿勢が身についたと思います。

特別講演 

特別講演 

特別講演 

特別講演 

▲Page Top