先輩の声

先輩の声

卒業生(54期生) 竹田秀和

卒業生(54期生) 竹田秀和

私は社会人入試で本校に入学しました。以前は県外で仕事に就いていましたが、勉強して資格取得していればもっと自分にできることがあるのではないかと考えることがあり、看護師免許取得にチャレンジすることを決めました。

生まれ故郷の看護学校である本校が社会人入試を実施していることを知り、周囲の支援もあることから受験しました。年齢差のある学生と上手くやっていけるのか不安もありましたが、看護師免許を取得するという同じ目標を持つ仲間たちと共に一緒に頑張ることが出来ました。

免許取得後は岩国医療センター(山口県)を経て、現在は地元である浜田医療センターに異動して勤務しています。社会人からまた勉強するということはとても勇気のいることですが、自分の夢に向かって後悔しないためにも頑張ってください。

 

卒業生(51期生)中田健

卒業生(51期生)中田健

私は51期生として浜田医療センター附属看護学校に入学しました。看護学校に入学後、楽しいことやつらいことなどありましたが、同級生と励まし合いながらたくさんの思い出ができました。

現在は救命救急センターに副看護師長として所属し、集中ケア認定看護師として院内・院外看護師の看護の質の向上を目指して活動しています。

重症患者さんの看護を行う中で、患者さんが一日も早く急性期を脱し元の生活に戻れるように、医師を始めコメディカルで協力しながら、実践を行っています。

学生の皆さんと講義や臨床実習で会えるのを楽しみにしています。

 

卒業生(61期生)佐々木渚

卒業生(61期生)佐々木渚

就職して2年経ちますが、今も学習の日々です。看護師は常に学習することが求められ、どうしたら患者さんに良い看護を提供できるか考えていく必要があります。

学生時代の実習は辛いこともありましたが、仲間と支え合い乗り切りました。自分は看護師になるという気持ちを常に忘れずにいることが大切です。

私は新生児室に就職し、戸惑いましたが、新生児を看ることができるのは私だけだという自信に変えて日々看護を行っています。

皆さんも他の人に負けないところを探し、自信に変えて、目標とする看護師になってください。

 

▲Page Top